FX(外国為替証拠金取引)で勝つには流れを読む事です。
異なる二国間の通貨の取引をし、そのレートの上下で利益を狙うのが外国為替証拠金取引です。
つまりどちらかの通貨の価値が変動するような事が有る、もしくは懸念されるような場合にレートが動きます。
例えばドル/円の場合ですと、アメリカの政治情勢が良くないようなニュースが出れば、アメリカのドルの価値が下がる事が懸念されるので、ドルが売りに出されますから相対的に円の価値が変わる事になります。
正確にはアメリカのドルを売って日本の円が買われるので、ドルの価値が下がり、円の価値が上がると言う事になります。
日本の円は比較的安定しているので、他国の情勢が不安定な時に資金を安定させる為に円が良く買われています。
外国為替ではそういった世界の動きが敏感に反映されるので、発表される重要な指針はもちろん、その国に対しての幅広い情報を得るようにしましょう。
そうすればその国が今後どういう動きをするかが見えるようになります。
市場の流れを読む事は情勢を読む事です。
その市場の流れには必ず理由が有ります。
世界情勢による物だったり、時にはヘッジファンドが大量に通貨を動かして値動きを形成している時もあります。
FXのレートの値動きを見て値動きの理由が分かるようになれば、流れがどちらに行くか分かりますので、その時を狙って取引をすれば利益を出す事が出来るでしょう。
投資はギャンブルではありません。
明確な理由があり、その流れの予想に自信が持てる時に勝負をしてこそ、勝つ確率を上げる事が出来るのです。